鈴木雅晴税理士事務所 スズキタックス

相続、贈与等の個人向けに特化した税理士事務所です

相続、贈与、その他税務に関するご相談 お問い合わせフォーム
相続、贈与、その他税務に関するご相談 お問い合わせフォーム
03-6915-4616 平日 9:00〜19:00/土曜 9:00〜17:00

スズキコラム 税にまつわるエトセトラ。随時更新!!

「うちには相続専門スタッフがおります」は要注意!

2013年9月13日

「相続税だけは相続専門の税理士に依頼しようと考えて、いろいろ調べてみたけど、 意外と相続が得意と謳う事務所は多くて…。」

最近はこの方のように相続税は専門の税理士に依頼される方が増えています。
しかし、いざ調べるとどこも相続が得意と言ってくる。
これは、業界内で相続税増税をビジネスチャンスと捉えて相続業務に参入してきた税理士が増えたから。
その中に、「うちには相続専門スタッフがおります」という事務所があります。
そんな税理士事務所の心の中を見てみます。

事務所収益を上げるため、相続税増税のビジネスチャンスに乗り遅れまいと急いで求人募集を出しました。

なぜ自分でやらないかって?

普段の業務でも忙しいのに慣れない相続申告なんてできません!

それに毎年税制改正があって今の税制がどうなっているのかわからんのです!

求人の条件は「相続申告経験のある人、または同等の知識のある人」
集まってきたのは今勤めている事務所で1~2回相続申告の補助をしたことがある人が中心で、中には申告経験は無いけど相続税法の試験に受かっていることを激しく主張する人がいます。

「まぁ、申告経験はなくても若いし意欲があるから!」と、
相続税法の試験に受かっただけの人を採用です。(給料も安くできるし!)

あとはその人に任せきり。

そのスタッフは試験勉強を一緒にやった仲間に聞きながら、頑張って申告書を作るのです。

完成した申告書の出来栄えといえば・・・まぁ素人目にはわからない程度にはできました。

でも報酬は一丁前に請求します。専門スタッフに給料払わなきゃいけませんので。

「相続部門がある」なら信用できると思います。

その場合も経験値の確認は怠らないようにしてくださいね。 

» コラム一覧へ